一諾文化館・中国語教室 
中国語をもっと詳しく、楽しく! info@ichidaku.cn
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
但願人長久
皆さん、中秋節おめでとうございます。
今年は初めての中秋節三連休ですが、どこかお出かけになりましたでしょうか。

一諾文化館では皆さんと三日間も月餅大会を楽しんでおりました。
なんだか今年食べた月餅の量は今までの総和を超えたような気がします。

「十五的月亮十六円」と言われますが、今年のシンセンは二日間ともきれいな満月が見れましたね。ご家族が遠いところに住んでいる方はきっと好きな人と美しい月を共にできましたでしょう。

中秋節あたりは各クラスで蘇軾(東坡)の『水調歌頭』を紹介していましたが、オリンピック期間の『北京歓迎你』みたいに歌声がいっぱいでした。

明月幾時有,把酒問青天。
不知天上宮闕,今夕是何年。
我欲乗風帰去,惟恐瓊楼玉宇,
高処不勝寒。
起舞弄清影,何似在人間。

転朱閣,低綺戸,照無眠。
不応有恨,何事長向別時円?
人有悲歓離合,月有陰晴円缺,
此事古難全。
但愿人長久,千里共嬋娟。

以下日本語はつばめさんの訳を参照させていただきます。
つばめさんのブログ

明月は何時お出ましになるのですか。
酒を手に空に問う。
天上の宮殿の暦は、今何年になるのだろう。
私も風に乗って天上に帰りたい。
しかし玉の御殿のような高いところは、
寒くて耐えられないだろう。

月光のもと、舞いを舞って地に映る影を遊ぶ、
なんて人間界らしいのだろう。

月光は朱色の楼閣をめぐり、虹色の窓をくぐり、
私を照らして眠れない。

恨みがあるわけでもあるまいに、
あなたはどうしていつも別離の時に丸いのか。

人には出会いと別れ、喜びと悲しみがあり、
月にはさやけき時と曇るとき、
丸い日もあれば欠けている日もある。
古来より完全というのは難きものだ。

ただ、人は久しく
千里のかなたより月光をめでることを望む。
スポンサーサイト
【2008/09/16 21:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<古箏体験会風景 | ホーム | びっくらこいた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichidaku.blog74.fc2.com/tb.php/17-a842868c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

一諾(いちだく)文化館

Author:一諾(いちだく)文化館
中国・シンセン南山商業文化中心区に位置する中国文化教室。

住所:南山区海徳二道文心二路華彩新天地1F(南山海雅百貨裏、ホットヨガ館所在のビル、同じ階にセブンイレブンがあります。)
お問合せは:info@ichidaku.cn
+86-755-2649-5315
+86-138-2886-9415

言葉をはじめ文化・社会・経済など様々な角度から中国を理解していただくと同時に、在シンセン日本人のサポートを提供いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。